最近では、女性だけでなく男性もネイルサロンに通う人が増えており、爪への関心が高まってきているように思います。
爪も肌と一緒で血行が悪くなったり、乾燥すると荒れやすくなります。マッサージで血流を促進し、オイルやハンドクリームで乾燥予防をしっかり行ないましょう。

健康な爪をつくろう

爪のお手入れ

爪も肌と一緒で血行が悪くなったり、乾燥すると荒れやすくなります。
マッサージで血流を促進し、オイルやハンドクリームで乾燥予防をしっかり行ないましょう。
特にマッサージの際には、「爪もみ」をあわせて行うと体全体の健康状態も促進され、効果はさらにパワーアップします。

手をマッサージ

きれいな爪をつくる食事

爪のお手入れでもっとも重要なのは、体の中からケアすることです。
爪が割れやすい、ツヤがないなどは、栄養バランスの乱れや血行不良などにより、爪に栄養が行き届かないことが原因で起こりやすくなります。
爪は皮膚の一部であり、健康な爪を作るには、バランスの良い食事が欠かせません。

バランスの良い食事

きれいな爪をつくる栄養素

爪や肌の新陳代謝をよくする「亜鉛」

煮干し、貝類、大根やカブの葉、ナッツ類など

亜鉛

タンパク質の再生を助ける「ビタミンB2」

レバー、いわし、うなぎ、牛乳、玄米など

ビタミンB2

ケラチンの生成に関わる「ビタミンB6」

鶏肉、鮭、青魚、納豆、ジャガイモなど

ビタミンB6

コラーゲンの生成を促進「ビタミンC」

柑橘類、ブロッコリー、ピーマン、菜の花など

ビタミンC